店主

クリーニングアラタの店主です。洋服一着が製品となるまでには生地織り、染色、パターン作成、縫製、整形などなど様々な工程が必要です。このように多くの工程によって作られた洋服をクリーニングで扱うのですから、それぞれの工程の知識、技術が必要となってきます。染み抜きには生地織り、染色などの知識・技術、洗浄においても染色、整形の知識・技術が必要となります。洋服にできるだけダメージを与えないクリーニングを目指して染色・縫製・整形などの知識・技術を学び続けています。

染み抜き前

原因不明の染み

原因不明のシミです。 洋服の素材は綿・アセテートです。 綿は色が抜けやすく、 アセテートは使える染み抜き薬剤が 限定されていて、使い方を間違えると 溶けることもあります。 薄く目立たないくらいまでなれ ...

交換前

財布のファスナー交換

財布の修理のご依頼で一番多いのが、 ファスナーのトラブルです。 ファスナーを閉めても開いてしまう。 ファスナーの持ち手のスライダー交換で直る場合も ありますが、今回はファスナー全部の交換に なりました ...

染み抜き前

シルクブラウスの染み抜き

シルクブラウスの染み抜き シルク素材のブラウスに食べこぼしと思われる シミがあります。 シルク素材は染色が弱く、 このように薄い生地は 無理をすると穴が開いて しまいます。 シミが目立たない、着用に ...

色修正前

スカートの塩素による脱色の色修正

偶然に塩素が付着して脱色したポリエステル素材のスカートです。 塩素が付着すると繊維が変質するため、 元と同じ色を入れたとしても違和感があります。 そもそも色が入っていかない場合が多いです。 当店では、 ...

カーペットの汚れ

コタツ布団・カーペットクリーニング

コタツ布団やカーペットは食べこぼしなどの汚れが 良く付着しています。 当店では、水洗いできるコタツ布団・カーペットの このような汚れを洗浄前に薬剤で処理して落ちやすく します。 このようにして洗うとし ...

ビフォー

ブランドバッグの色剝げ修正

革製品は長年使っていると色剝げが目立ってきます。 革の色剝げを補修するには、塗料を塗って、はい終わり ではありません。 いくつかの工程を経なければなりません。 革製品の色補修は元の革とまったく同じ色と ...

ブランドバッグのパイピング修理

高級シャツ(FRAY)の「手洗い」「手仕上げ」クリーニング

高級シャツ「FRAY」のクリーニングのご依頼を頂きました。 当店のシャツのコースには、機械仕上げと手仕上げの2つのコースがあります。 高級シャツのクリーニングは、手仕上げコースでしかお受けしておりませ ...

ウール・カシミヤコートはドライクリーニングの後、栄養を与えないといけません。

着ぐるみのクリーニング

着ぐるみの大きさは様々です。 着ぐるみに使われている材料も 様々で、洗濯するように作られて いません。 洗えないものを水を使ってお手入れする これは当店の得意分野です。 洋服はもちろん、着ぐるみも水を ...