革製品の色補修・修理(革靴・バック・財布・ウェア)

革製品の色補修・修理のご注意事項

  • 仕上がりご連絡後、3週間以内にお受け取りください。2カ月以上経過後の商品状態の責任は負いかねます。
  • 色補修の復元は近似色での色補修となります。元の状態の完全復元ではありません。塗装・染色資材は多数あり、メーカーによって違います。色補修は皮革製造工程と同じ資材を使用しますが、色合い、風合い、触感は当店資材のものになります。
  • 修理は出来るだけ近い色合い・革質の革での交換になります。全く同じ革での交換ではありません。
  • ブランド品を塗装したり、部品を替えたりクリーニング以上の事をすると正規のブランド品では無くなります。
  • 色補修・修理後、元の状態に戻すことはできません。色補修・部品交換は転売のためのサービスではありません。バック・財布・靴をご自身で長くご愛用するために再生させるサービスです。

革製品の色補修

革靴の色補修

色剥げ

色補修ビフォー色補修アフター

全体が色剥げしています。

近似色にて全体を色補修しました。

 

革靴のカビの色補修

カビの色補修ビフォーカビの色補修アフター

カビによって変色した革靴は洗っても

カビ跡は落ちませんので、色補修するしか

ありません。

色補修は皮革製造過程と同じ技術です。

レディース(パンプス・ローファー・スニーカー等)・・・3000円~

ブーツ・・・4000円~

メンズ(紳士靴・スニーカー・カジュアルシューズ)・・・4000円~

 

財布・バックの色補修

バックの色褪せ

バックの色褪せビフォーバックの色褪せアフター

長年の使用による色褪せと擦り傷が

ありましたので、近似色による色補修

で全体を復元しました。

 

バックの剥がれ

バックの剥がれビフォーバックの剥がれアフター

バックの上蓋が本体にくっつき

剥がれてしまっています。

くっついた部分を取り除き

色補修によって修理しました。

上蓋は今回は塗装しましたが、

交換修理もできます。

色補修は皮革製造工程と

同じ技術の色補修です。

部分補色・全体補色は

近似色で補修します。

  • Sサイズ(財布・ポシェット・その他小物)・・・部分補色2000円~、全体同色8000円~全体色替え1000円~
  • Mサイズ(ハンドバック等A4サイズまで)・・・部分補色3000円~、全体同色15000円~、全体色替え17000円~
  • Lサイズ(トートショルダーバック・ビジネスバック等)・・・部分補色4000円~、全体同色20000円~、全体色替え22000円~

革製品の修理

革靴の修理

靴底の交換

靴底の交換ビフォー靴底の交換アフター

熟練した職人による靴底の交換です。

レザー、ラバー、スポンジ、

レッドウィングの靴底の交換

可能です。

バック・財布の修理

ファスナー修理

ファスナー修理

バック・財布のファスナー交換・修理を

しております。

画像のようにファスナーを閉めても

開いてしまう場合、ファスナーの

歯が欠けていなければ持ち手のスライダー

交換だけで修理できる場合もあります。

 

バックの内袋交換

バック内袋交換ビフォーバックの内袋交換アフター

バックの内側が白く粉が

ふいているのはカビでは

ありません。

合成皮革が空気中の湿気で

加水分解して劣化したものです。

バックの内袋を劣化しない

素材に交換する事もできます。

 

バックのハンドル交換

バックのハンドル交換ビフォーバックのハンドル交換アフター

バックのハンドル・ショルダーを

元の革と似た革で制作交換

できます。

12000円~

 

ブランドぬめ革の交換

バックぬめ革交換ビフォーバックぬめ革交換アフター

ブランドバックに使われる

ことが多いヌメ革はシミに

なりやすく、お手入れが

大変な革です。

シミだらけや、ボロボロに

なったブランドバックのヌメ革

部分をお手入れが簡単で、

使用感が出た革に交換する

こともできます。

Copyright© 長崎|長与 クリーニングアラタ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.