染み抜き・黄変復元・色修正

染み抜き

食べこぼしのシミ

食べこぼしのシミビフォー

食べこぼしのシミです。

シミがついて直ぐにお持ち下さったので、

綺麗におとせました。

食べこぼしのシミアフター

シルクなどの薄い生地や

水で濡らすだけで色が滲む

染色が弱い生地の場合は

着用に問題が無いシミの状態までの

染み抜きとさせて頂く場合が

ございます。

シミはご自分で扱われたりすると、

落ちにくくなる場合があります。

シルク、綿、麻、ナイロンなど染色が

弱い生地がありますので、ご自分で

染み抜きされる場合は目立たない場所で

お試しください。

大切な洋服はシミがついたらこすらず、

ティッシュなどで吸わせてクリーニング店に

すぐにお持ち頂くのが無難です。

飲食店のおしぼりは薬剤を含ませて

ありますので、シミを拭くと変色する

場合がありますので、ご注意を。

黄変復元

襟の黄変復元

襟の黄変襟黄変

襟が皮脂と汗によって黄変しています。

こうなってしまうと洗っても

染み抜きしても落ちません。

漂白と色補正が必要となります。

襟の黄変復元襟の黄変復元

着用できる状態まで復元できました。

漂白は生地に負担をかけ、漂白の他に使う

薬剤も生地にあまり良くありません。

しかし、生地に良くない薬品を使わないと

復元できません。

本来ならば皮脂と汗が襟に残留しないように

ドライクリーニングと水を使ってのお手入れを

定期的に行う事が理想です。

当店の黄変復元は元の状態に完全に復元する

ものではありません。

元の状態の80%程度の着用に支障が無い

程度までの復元です。

黄変がきつく漂白すると生地が破損する

恐れがあるものは復元できません。

また、柄物や多くの色が使われている

生地は復元率が低くなります。

黄変が無数にあったり、広範囲にある

場合は復元できないこともあります。

色補正

家庭での塩素漂白による脱色

塩素による脱色

生地に塩素が付着すると繊維が変質して

通常の染色をしても色が定着せず、

例え色が入っても繊維が元の状態と

違いますので、違和感が出てしまします。

脱塩素処理をして色を入れてみました。

塩素による脱色の色補正

離れて見て違和感が無いくらい

にはなりました。

色を入れた後、水洗いをして入れた色が

流れないかテストもしています。

ご家庭で洗える洋服を色補正した場合、

色を入れた部分が洗う度に薄くなったり、

逆に周りが薄くなって色を入れた部分が

残って目立ったりする場合があります。

 

 

Copyright© 長崎|長与 クリーニングアラタ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.