洋服のお手入れ

こだわり

当店が洋服のクリーニングではなく、

洋服のお手入れとしているのには訳があります。

洋服といっても、様々なアイテムがあります。

シャツ、スーツ、コート、ワンピース等々。

更に素材も綿、ウール、シルク等々。

これらを同一の洗浄方法で処理できるでしょうか?

シャツを洗濯機で洗うようにスーツ、コートを洗ったら

どうなるでしょうか?

シャツでも脱水後はシワシワになっています。

一枚布のシャツはアイロンでシワを伸ばせますが、

スーツ、コート、ワンピース等は裏地があり、更に

表地と裏地の間に肩パッド、垂れ綿などの芯地が

あり、シャツのようにアイロンでシワを伸ばせば

元通りになるものではありません。

下画像はジャケットの肩にある肩パッドです。

表地と裏地の間にあるので通常は見えません。

肩パッド

浮いているのがお分かりになると思います。

肩パッドは一部分が縫い付けられているだけで

全体が縫い付けられている訳ではありません。

クリーニングにはドライクリーニングと

水洗いの2種類があります。

ドライクリーニングでティッシュペーパーを

洗っても破れずそのままの状態で洗い上がります。

肩パッドも同様にそのままの状態で洗い上がります。

しかし、水で洗う場合は違います。

ティッシュペーパーは破れますし、

洗濯機の水の中で回したり、

乾燥機で回転乾燥すると肩パッドは

表地と裏地の間で丸まってしまう事もあり、

着心地の悪い服となってしまいます。

ジャケットの表地と裏地の間にはこの他にも垂れ綿や

芯地などありこれらも洗濯機や乾燥機で回すと

壊れてしまいます。

お客様からショップの店員さんから

「即日仕上げのクリーニングに出すと

洋服が傷むと言われた」とお聞きした事が

あります。即日仕上げは短時間で仕上げる

ために乾燥機を使用します。乾燥機が回転式

乾燥機である場合、芯地などが変形する事が

あり、数点の洋服を一度に乾燥すると

生地がこすれあい傷む可能性があります。

ドライクリーニングだけで

洋服のお手入れができれば良いのですが、

洋服の汚れはドライクリーニングだけでは

落とせません。

下図は汚れが生地に付着している

状態です。

洋服の汚れは汚れの種類ごとに重さが

違うため、重い汗・蛋白の汚れが下に

重さが軽い皮脂・油が上に膜を張った状態で付着します。

膜を張っている皮脂・油汚れを落とさないと

下の汗・蛋白の汚れは落とせません。

家庭洗濯でシャツ・セーターなどを水洗いしても

保管しているうちにエリが黄ばむのは

水洗いだけでは皮脂・油を落とせないのが、

原因です。

洋服の皮脂・油汚れを洋服を

傷める事なく安全に落とすには

クリーニング店のドライクリーニング

が一番です。

ドライクリーニングが一番と言っても

クリーニングに出したのに黄変する

じゃないかというご意見があると

思います。

ドライクリーニングに出したのに

黄変するのはドライクリーニングで

皮脂・油汚れを落としてもその下にある

汗・蛋白汚れが落ちていない事が

原因です。

汗・蛋白汚れは水で落とさないと

いけません。

参考

スラックスのドライ後の水洗い

冬物のスラックスをドライクリーニング後に

水に漬け込んだ画像です。

ドライクリーニングでは落ちない汗などの汚れが

冬物でもこれだけ出てきます。

因みにこのスラックスはスプレーで洗濯する

除菌・消臭スプレーをしていた物で、

生地が硬くなってゴワゴワしていました。

襟黄変

冬物のジャケットでも襟が

汗を吸って黄変します。

黄変させないためには

ドライクリーニング後に

水洗いしないといけないの

ですが、水による洗浄は

洋服の構造や素材を見極め

その洋服に合った洗浄をしないと

洋服を傷めることになります。

当店では水による洗浄によって

洋服の汚れを完全に落とそうとは

考えていません。

完全に落とそうと強い水洗浄をすると

その洋服のシルエット・風合い・色合いを

損ない、かえって洋服の寿命を縮める事

になるからです。

汚れが酷くなってから洋服に過度のダメージを

与えるような強い水洗浄をするよりも、

弱い水洗浄で落ちる程度の汚れのうちに

定期的にお手入れを行う事が

綺麗な状態で長くお気に入りの洋服を

楽しむ秘訣です。

ですから当店では完全に汚れを落とす為に、

機械水洗い・機械乾燥・機械仕上げをする

従来のクリーニングではなく、

洋服を壊さないように優しく手で水洗い・

服にダメージを与えない洗浄機器を使い・

自然乾燥・手仕上げをしておりますので、

洋服のお手入れという言葉を使っています。

襟の黄ばみ ビフォー
参考スーツのよくある黄ばみ

スーツによくある黄ばみは 上着の襟の黄ばみと パンツの股の黄ばみです。   黄ばみの原因は汗、尿、食べこぼしの残留が 原因です。 汗、食べこぼしを黄ばむ前に洗い落とせば、 変色しません。 こ ...

続きを見る

ドライクリーニングの溶剤管理

ドライ溶剤管理

当店ではドライクリーニングの酸化値が

適正か定期的に検査しています。

洗浄時には一点一点ネットに入れて

ドライクリーニングし、

回転乾燥機を使うと洋服が

傷むので自然乾燥しております。

納期は1週間程度頂いています。

シャツ・ブラウスのお手入れ

ご存知ですか?

シャツの襟をクリーニング店の

機械でプレスすると型崩れして

しまします。

機械プレスで出来たシワ

上画像は機械プレスで寄ったシワです。

こうなってしまうと後ろからネクタイが

はみ出たり、襟先が跳ねたりします。

即日仕上げの場合、短時間で仕上げないと

いけないため高温でプレスします。

高温で機械プレスをすると

襟が縮みシワが寄る事になります。

次に当店で機械プレスした襟の

画像です。

当店で機械プレスした襟

ほとんどシワが寄っていません。

当店では機械プレスする際に

一工夫してプレスしています。

また、納期を数日頂きますので、

襟が極端に縮む程の高温プレスは

していません。

手仕上げコース

オーダー・高級シャツは襟・カフスも

手仕上げする手仕上げコースで

お手入れしています。

機械でプレスしないので、襟の型崩れ

ボタン割れの心配もありません。

参考エルメス・オーダーシャツのクリーニング

エルメスのオーダーシャツのクリーニングを させて頂きました。 既製品ではなく、オーダーで仮縫いを されたそうです。 流石、エルメス、シャツで仮縫いは そんなに聞きません。 水洗いも問題ない品物でしたの ...

続きを見る

スーツ・背広のお手入れ

当店ではスーツ・燕尾服・モーニング

を通常のドライクリーニングとは別に

ドライクリーニングの後に

全体を水を使ってお手入れする

サービスもしています。

Aコースは機械整形後に手仕上げします。

Sコースは完全手仕上げします。

防虫加工・有料保管サービスも

しております。

参考カノニコ・オーダースーツのクリーニング

イタリアの高級服地メーカーであるカノニコの フランネル生地のオーダースーツのクリーニングを ご依頼頂きました。 今回のクリーニング作業では、 まず、ドライクリーニングで皮脂・油汚れを 落としました。 ...

続きを見る

コートのお手入れ

カシミアコートを水でお手入れ

ウール・カシミアのコートを

通常のドライクリーニングとは

別にドライクリーニング後に

水を使って全体をお手入れをする

サービスもしおります。

加工剤入りの水でお手入れします

ので、風合いが向上します。

防虫加工・有料保管サービスも

しております。

参考トレンチコートのクリーニング

トレンチコートはビジネスシーンから カジュアルまで活躍してくれるアイテムで 近年はオーバーサイズのトレンチがトレンドです。 トレンチコートはシーズン終わりにすぐに クリーニングに出されることをお勧めし ...

続きを見る