レザー 修理

レザージャケットの傷んだ袖口の修理

ビフォー

革ジャケットの袖口の裏側がボロボロに傷んでしまっています。

袖口の表側も少し傷んでいたため、表側を少し裏側に折り込んで

別革に交換することをご提案しました。

アフター

革製品は定期的に汚れを落とし、

オイルを革に補給しないと、革の

繊維が切れてボロボロになります。

汚れているから洗えば綺麗になるだろうと、

水で洗ってしまうと、傷んでいた革が、

さらに状態が悪くなる事もあります。

革製品は使う前の防汚加工と、

定期的なお手入れが大切です。

ビフォー
参考ボロボロになった合皮の持ち手を本革に交換

バックの持ち手の裏側に縫い付けられている 合成皮革がボロボロになっています。 合成皮革は空気中の湿気で加水分解されて 通常2~3年で劣化します。 合成皮革よりも長く使える本革への交換になりました。 本 ...

続きを見る

-レザー, 修理